お電話でのお問い合わせは

TEL:03-3780-1088

受付時間 平日09:30~18:30/(土日・祝休業)

ホーム>タヒチ特集

タヒチ特集 タヒチ国旗

 

 

◆ハートフルのスタッフが様々な場所からのちょっとしたおすすめ情報をお知らせします。昨年冬(2019年12月)にタヒチへ研修旅行にいったスタッフからのレポートです。◆

タヒチ特集!!

イアオラナ~南の楽園タヒチの情報を紹介しようと思います。

成田からタヒチの首都パペーテまではエア タヒチ ヌイの直行便が出ています。機内もタヒチアンカラーで統一されています。その他の島に行く場合も、パペーテを一度経由し、それぞれの方法で各島にいくことになります。
フライト時間はおよそ11時間程ですが、到着した頃にはタヒチでは朝なので寝ていけば長くは感じませんし、初日からたっぷりと時間を使えます。 往路の機内食はカレーでしたがとてもおいしかったです。CAさんが機内サービスに周ってくれますが、もしも喉が渇いたり、お腹がすけば、最後尾にカップヌードルや飲み物が置いてあるので自由に飲食していただけます。
エア タヒチ ヌイ エア タヒチ ヌイ機内 エア タヒチ ヌイ機内食

   
  • <タヒチ島・パペーテ>

    到着すると空港ではタヒチアンダンスと音楽で出迎えてくれます。
    到着時から耳にする「イアオラナ~」はタヒチ語の挨拶です。
    イアオラナ(おはよう・こんにちは・こんばんは)とマルル(ありがとう)さえ覚えておけば何とかなります。
    日本語で「こんにちは~」と言ってくれる人もいますが、日本語は基本的に通じません。
    特にマルルは響きがかわいいのでついつい言いたくなります。

    ついつい見惚れてイミグレの列に並ぶのが遅れると、長蛇の列ができ、かなり待つことになるので、早めに列に並ぶのをお勧めします。
    列に並ぶ人を飽きさせないようにでしょうか、民芸品も並んでいます。
    タヒチ空港 タヒチ空港 タヒチ空港

    空港から出ると正面にスタッフが待つミーティングポイントがあります。
    タヒチ空港
    左手には荷物預り所や、両替があります。
    両替はホテルでも少額なら可能ですが、空港、ホテル共にレートはあまり良くないので成田空港でして行くのが良いです。
    タヒチ空港両替所
    右手には、カフェ、Wi-Fiのレンタル、マクドナルド、レンタカーなどがあります。
    基本的には飛行機の発着時間に合わせて朝から夜まで開いております。
    タヒチ空港WIFI タヒチ空港

    タヒチ島のメインになるのが首都のパペーテです。
    空港からは車で10分程です。
    車が多く、人も多いです。
    首都といってもそこまで大きな町ではないですし、凝縮しておりますので十分歩いて周れます。
    パペーテ
    ショッピングをするならパペーテでするのが良いです。
    パペーテを歩いていて思ったのが、女性が非常に働き者なことです。
    男性はウクレレ弾きながら、お酒を飲んでいる人が多かったです。
    パペーテ パペーテ
    タヒチは食事が非常に美味しく、日本人の舌にも良く合います。
    特に魚料理が美味しいです。
    「海外ではお腹を壊すんじゃ…」と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。
    その心配はございません。フルーツも魚も新鮮なので生でガンガン食べて大丈夫です。
    水道水もガブガブ飲まなければ飲んで大丈夫です。(あくまで自己責任でお願いします)

    食事は甘めのソースがかかっていることが多いです。
    またタヒチアンサイズの為、ボリュームが非常に多く、余程の大食漢でもなければ3食は食べられません。
    高級ホテルになると気持ちお上品なサイズにはなりますが、それでもかなりボリュームがあります。
    その為、私としてはツアーをご予約いただく場合は3食とも付けるのではなく、朝だけ付け、昼夜はお腹と相談して取られるのが良いと思います。
    タヒチ食事 タヒチ食事タヒチ食事
    物価は高く朝・昼ご飯で2~3000円、夜で5000円が相場ですので料金比較する場合はこちらも考慮するべきです。 ↑TOPへ戻る

       
  • <モーレア島>

    モーレア島には、パペーテからは空路、又はフェリーでいくことになります。
    空路だと約10分、フェリーでは約30分です。
    頻繁にフェリーが出ていますので、パペーテのみのツアーでも日帰りで行けます。 
    運が良ければフェリーからイルカが見えます。
    モーレア島
    フェリーでモーレア島に向かう際に、正面に見える山の山頂付近に不思議と穴が空いています。
    普段は雲が高確率でかかっており見えることは稀なので、見えたら幸運が舞い降りるらしいです。
    私が行ったときはなんと見えました!!
    それからというもの肩こりがなくなった気がします。
    信じるか信じないかはあなた次第です。
    モーレア島 モーレア島
    モーレア島はタヒチの他の島に比べホテル代が安いのに、山も海の美しさも他の島に引けを取らないのが最大の魅力。
    モーレア島にいったなら、4WDサファリツアーで山に、モツピクニック、シュノーケリングで海に繰り出してください。
    4WDサファリでは、山の上から360度のパノラマで絶景を見られます。
    モーレア島 モーレア島
    途中、トロピカルガーデンに寄りしぼりたてのパイナップルジュースを飲むことができます。
    写真は4WDサファリのガイドをしてくれたピエールです。
    モーレア島ジュース モーレア島ガイド
    シュノーケリング、モツピクニックでは、サメやエイ、ウミガメと触れ合えます。
    足が付くので泳げない方でも安心して参加できました。

    モーレア島シュノーケリング モーレア島ウミガメ
      ↑TOPへ戻る  
  • <ボラボラ島>

    ボラボラ島は、島を象徴する「オテマヌ山」が鎮座する本島と、本島を囲むモツと呼ばれる小島から出来ています。
    ボラボラ島
    ボラボラ島へ行く国内線はボラボラ島が左手に見えるので左の窓際の席に座るのがオススメ!!
    座席指定出来ないので、左の席は早い者勝ちの取りあいです。
    写真のような景色が見えます。
    濃い緑に包まれた本島と島を囲むエメラルドグリーンのラグーンのコントラストは息を飲む美しさです。
    ボラボラ島
    ボラボラ島の空港に着くと正面にはホテルごとの受付があり、その先には各ホテル専用のボートが泊まっていますので、受付で荷物を預けボートに乗ります。
    ボラボラ島 ボラボラ島
    島の南側に世界No1ビーチにも選ばれた「マティラビーチ」があります。
    ボラボラ島唯一のパブリックビーチで、島の人も良く利用します。
    夕陽の名所としても有名で、近くにはレストランや売店もあるので一日中過ごせます。
    マティラビーチ マティラビーチ
    島の中心地は西側にあるバイタペです。レストランや土産物屋などが集まります。
    最終日にパペーテで時間がない方は、バイタペでお土産探しをぜひ!
    タヒチのお勧めのお土産は名産の黒真珠です。
    東京に持って行くと値段が10倍で売られるそうです。
    ワインも有名です。
    ボラボラ島 ボラボラ島 ボラボラ島 ボラボラ島
    タヒチアンダンスショーも見ものです。
    各ホテルで週1回ダンスショーが行われます。
    *ダンスショーのないホテルもありますのでお問い合わせください。
    タヒチアンダンスショー タヒチアンダンスショー

    ホテル選びのポイント!!!!   ボラボラ島へいくならホテル選びが非常に大事です。
    ボラボラ島といえば、水上バンガロー、カヌーブレックファスト等いまや多くのリゾートが提供するサービス発祥の地。
    ご予算が許すならぜひ水上バンガローにご宿泊することをオススメします。
    また、ホテルの多くはモツに位置し、オテマヌ山を望むように島に向かって建てられています。
    オテマヌ山の眺めもお部屋選びの大きなポイントです。
    同じホテルの同じ広さの部屋でもオテマヌ山の眺めによって万単位でホテル代がかわります。
    ボラボラ島 ボラボラ島
    好みは人によって「十人十色」、「千差万別」なので、何を重視するかでオススメのホテルも違います。
    モダンな部屋が良いのか、ポリネシアンスタイルの部屋が良いのか。
    何もしない贅沢を味わいたいのか、アクティブに4WDサファリや、シュノーケリングも楽しみたいのか。
    遠浅な明るいエメラルドグリーンのラグーンが良いのか、珊瑚が多いシュノーケリングに適したラグーンが良いのか。
    ご希望は細かくお伝えください。

      

    タヒチの人は皆とにかく明るくサービス精神にあふれている為、現地で嫌な思いをしたり、ストレスを感じることが全くありませんでした。 そこもタヒチが楽園たる所以だと思います。
    行けば必ずやタヒチが好きになります。
    次のご旅行にタヒチをぜひ!!!!
    タヒチ夕日



    (ツアー実施時期:2019年12月)

    ご案内をしたタヒチのツアーはこちら

    タヒチの様々なツアーをご案内しております。ぜひご検討ください!
    ↑TOPへ戻る