お電話でのお問い合わせは

TEL:03-3780-1088

受付時間 平日10:00~19:00/土日祝10:00~18:00

ホーム >ウィーン特集

ウィーン特集  オーストリア国旗
ハートフルのスタッフが様々な場所からのちょっとしたおすすめ情報をお知らせします。この夏にウィーンへ視察旅行にいったスタッフからのレポートです。

ウィーンのカフェと芸術事情

先日、オーストリアはウィーンへ行ってきました!
私は、今回が初めてのウィーン訪問でしたが見どころが集結しているためとても観光しやすく、また交通機関も発達しているため効率良くに回ることができました!
今回のテーマはこちら!「ウィーンのカフェと芸術事情」をお届けします!!

ウィーン観光では「ウィーンシティカード」の利用が便利!トラムも地下鉄もこの一枚で!
滞在中はずっとシティカードにお世話になり、リング通りをぐるぐる回っていました♪

 

街の建物はすべて「バロック様式」!

まず紹介するのは、トラムからでもよく見えるバロック様式の建物です。
ウィーンではほぼ全ての建物がバロック様式!
なんでも一目でわかる「私、スゴイでしょう?」感を演出するために頻繁に用いられていたとか。

ベルヴェデーレ宮殿 ウィーンオペラ座 ホテルブリストル

(左から、ベルヴェデーレ宮殿、オペラ座、ホテルブリストル)

 

オペラ座とホテルブリストルはトラムの乗車場所から撮った写真です。
オペラ座前の乗り場は、リング通り周辺を走るほぼすべてのトラムに乗り継げるため東京駅のような状態です。
そのため大体どのトラムに乗ってもオペラ座前までは簡単に向かえます! 今回紹介した3つの建物は、それぞれ細部までこだわりぬいて造られ、「いったいこの柱一本造るのにどれだけの時間と財力が…」と考えてしまいましたが、どの建物もお金に換えられないほどの価値があるから計算したことはないそうです…(そりゃそうですね。)
1番左の写真のベルヴェデーレ宮殿は、現在クリムトの作品を中心に展示がされています。中はこんな感じ…

ベルヴェデーレ宮殿 ベルヴェデーレ宮殿 接吻

さすがは土産売り場には必ずある『接吻』の絵…この部屋だけ観光客と警備員であふれかえっていました。(1番右) 作品を見て感じることは人それぞれだと思いますが、私はこの作品から“怖さ“を感じました。
ガイドさんに聞いたところ、愛の怖さを表していると分析する専門家もいるとのこと。
ウィーンには美術館がたくさんあり、数えきれないほどの絵画が展示されています。
少し怖さを感じる作品もありますが、お気に入りの絵画を見つけてみるのも楽しいですよ!
ちなみに私のお気に入りはこちら!

クリムト

こちらもクリムトの作品で、初期に描かれたそうです。
とても同じ人が書いたとは思えない…

 

ウィーンのカフェ事情

続いて紹介するのは…「ウィーンのカフェ事情」です。
オーストリアにはカフェ文化が根付いているため、あちらこちらにカフェが!!!
そのため、日本で大人気のアメリカ系大手コーヒーチェーン店はオーストリア内に10店舗しかないそう。
その内3店舗は空港にあり、ウィーンでお目にかかれるのはわずか4店舗だそう。激レア…
私は今回の旅で、例のチェーン店こそ行きませんでしたが、地元のカフェを何件も訪れました。 その中でも特によかったのはこちらの2店舗!

グラシス・バイスル カフェワイマール

(左から、グラシス・バイスル、カフェワイマール)

 

グラシス・バイスルは正直とっても見つけづらいです。美術史美術館前にてトラムを下車。階段を上って…小さなトンネルをくぐって…階段をおりて…
一発で探し当てられる人はそういないのでは…。ちょっと大変ですが、探してでも行く価値のあるお店です!
晴れた日だったらテラス席がおススメ!
木漏れ日が射す何ともヨーロッパらしい雰囲気の中、お茶とお食事を…お楽しみください。

グラシス・バイスル グラシス・バイスル グラシス・バイスル

 

カフェワイマールはウィーンの中心部・リング通りから離れています。
ですがウィーンシティカードを使えばなんのその!
ちなみに電車でも行けますが一歩間違うとプラハに行ってしまうのでトラムの方がわかりやすいかな… ここは、近くにフォルクスオーパーがあるので、公演前は少しおしゃれをしたウィーンっ子が食事をしに来ます。
小さな子供から老夫婦まで幅広い世代の方が、ここで食事をしてオペラを見に行きます。
余談ですが、オペラはドイツ語で行われます。上の方に英語字幕も出ますのでドイツ語が分からなくても楽しめますよ♪

カフェワイマール カフェワイマール

 

 

以上、いかがでしたか? ウィーンに行きたくなりましたか?? 「ウィーンに行きたい!」「あっ!ちょうど休みが取れそうよ!」なんて方はこちらからどうぞ!

ウィーンを訪れるコースは→≪エミレーツ航空利用≫観光に便利なリング内☆スーペリアホテル指定★延泊可能☆芸術の街ウィーンを堪能フリー5日間(朝食付き) 他

担当者がハートフルに対応いたします✨(五十嵐)

お問い合わせ
info@hfi-tour.co.jp
弊社では上記ホテル指定のコースも販売しております。
また、指定ホテル以外でもホテルアレンジやコースアレンジなど幅広く対応可能です。
メール・電話でご相談ください。